共に考えよう 広島の農業

農業を知ることは、私たちの食そのものを知ることであり
農業を支援することは、私たちの命を守ること

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |
 最近、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで、よく目にするカット野菜やカットフルーツを製造・加工販売されている「広島西山青果株式会社」さんにお邪魔してお話を聞いてきました。

090330-22
↑手軽さが人気のカット野菜

090330-21
↑カットフルーツも。


レポート:いきいき農業応援し隊・農業ジャーナリスト:篠原一郎


若者の食生活がファッション化!?

「すきま産業」という言葉がある。
大手が手を出しにくい、取り組む人が少ないので一気に成長できる穴場産業のことをいう。
「野菜やフルーツのカット産業」の分野は、今は「すきま」どころか量販店では大きな売れ筋商品になった。
その背景には、核家族化(少人数世帯増加)がある。野菜を丸ごと買っても食べ切れないということと、野菜、果物は健康上欠かせないという知識の普及、それに若者の食生活のファッション化(生野菜サラダの嗜好)もある。


広島西山青果(株)のこだわり
 果物卸会社としては明治時代からの歴史を持つ広島西山青果株式会社がこの事業を始めて7年、現在約月2000万円の販売で、カット野菜、カットフルーツそれぞれ約半分ずつの生産。
フルーツカットはすべて人の手、包丁で行うことで、切り口が鋭角で新鮮さが保てるという。
現在従業員58人でほとんどがパート勤務の女性。新鮮さを保つための容器の工夫(てっぺんに空気を保つ三角容器)詰め方の工夫(キュウリとレタスを混ぜ込み水分を保つ)など細かいところに7年間の工夫の積み上げがあることに感銘を受けた。
果物は、バナナ、パイナップルなどは輸入品だが、野菜はできるだけ国産、「地産地消」を志向している。
上原社長は伝統の上にたって「新鮮・安全・安心が第一。人を裏切らない全うな商売をしたい」と語る。

090330-23
↑新鮮さを保つ工夫がされたパッケージ

これからの展望・課題は?
 ひとつ買えば色々な果物、野菜が食べられる「カット」商品は、今後も量販店の売れ筋として定着していくだろう。
若者のファッション志向に乗せて、これから原料となるものの組み合わせに一層の工夫を期待したい。
和食の伝統、漬物など発酵食品や豆類のとりいれ、ドレッシングなど上からかける味付けなど日本の伝統的食べ物の経験を活かす方向で考えてほしいと思った。



いきいき農業応援し隊から。
「捨てる部分が、もったいないから、何かに再利用できませんか?」

広島西山青果㈱の社長様から。
「ネギのおいしさは、ぬめりの部分だが、安全確保のために、どうしても根元から、3センチは切り捨てなくてはいけない。
おいしさと安全は共存しないですね。」

090330-24
↑安全確保のため、どうしても廃棄部分がでてしまう。



スポンサーサイト
2009.03.30 12:11 | 広島の農業事情 |
【福山の産直市の状況】

 福山市内には約40の直売市があり、土曜日ごと、あるいは週1・2回のペースで市が立つ。
営業年数は5~10年で、神石高原町や府中市上下町などからの生産者も参加している。
 消費者の生活スタイルの変化で、個人の八百屋さんが減り、車社会のニーズに応え、大型スーパーが郊外に増えている。旧市内の高齢者にとって歩いて行ける直売市はコミュニティーの場にもなり、生活の一部であり、同時に、商店街の活性化の一役も担っている。

090330-10
↑直売市ならではの対面販売

090330-12
↑季節のお花もたくさん。

090330-14
↑ほとんどが100円!

090330-19
↑お餅やお漬物は、すべて手作り!


【レポート:直売市は、福山の台所!】
~いきいき農業応援し隊:君塚礼子~

 直売市は季節ごとの旬の野菜が豊富に揃い並びます。
また、消費者は思い掛けない走り(初物)の露地物野菜に出会う楽しみも魅力のひとつです。

 開始から時間の経過と共に、出勤途中の女性・散歩中に立ち寄る男性・自転車で駆けつける主婦・病院帰りの高齢者の方など、三々五々と利用する消費者が集まってきます。
毎回楽しみにしている、ご近所の高齢者の方々も多く見受けられます。

 直売市は福山市内に住む消費者にとって、生活に密着した身近な台所のような存在です。
 生産者の方々は年齢を重ねるに伴い「現在はなんとかなるが、近いうちに、後継ぎや担い手問題を考える時が必ず来るだろう」と話されます。

今の時代、農家では「お父さん・お母さん世代は町の近くに職場を求めて働き、おじいちゃん・おばあちゃん世代が農業従事者になっている」とのことです。

 今後は「やる気のある農業従事者を誘い合い、できる限り長く元気で米や野菜を作り続けていきたい」と前向きな姿勢で取り組まれています。農業従事者としての責任と心意気が伝わってきます。

 私たち消費者にとっても、直売市の野菜は守っていきたい自慢の地元農産物です

090330-15
↑実際に直売市で買ってきた新鮮な野菜


⇒福山の直売市、大黒市場さんを紹介します。
2009.03.30 11:38 | 広島の農業事情 |
 広島県の農業事情として、県土の4分の3が中山間という特殊な構造のため、経営耕作面積は他県に比べて狭くならざるをえないという現実があります。

 また、水田及び稲作面積は急激に減少し、農業従事者のうち65歳以上の比率が68%という背景です。

 近年、食を取り巻く社会問題が発生する中、農作物への消費者ニーズは「安全・安心」「品質」を満たす「国内農産物」への期待が高まっています。

 さらに、低い食料自給率、環境保全意識の高まり、社会・経済状況の様々な変化も伴い、企業による農業参入は、今大きな「ビジネスチャンス」となっています。

 広島県では、
①産業として自立できる農林水産業の確立
②集落農場型農業生産法人や農業外企業の農業参入など、農業の新たな担い手育成を重点的に推進しています。

 経営力・実行力のある企業が農業に参入し、「地域のパートナー」になることで、消費者ニーズに対応しうる農産物が供給され、ますます農地の有効利用や地域雇用の促進など、地域の活性化につながることを期待しています。

・2009年1月20日現在、県内での集落型農業生産法人は154社。
・福山では『ファーム高津沖』が154番目に設立されました。
2009.03.30 10:53 | 広島の農業事情 |
 「食」の安全性に対する問題などを契機として、
「食」に対する市民の皆さんの意識が高まり、
地産地消の取り組みなどが注目され始めています。

 これまで田畑を守り、食料を生産・供給してきた農業者は減少し、
こうした事が耕作放棄地の増加や食料自給率の低下を招いています。

 一方で、農業という職業に魅力を感じ、
生涯にわたって携わっていきたいと考えている若者が少しずつ増えています。

 集落の農地をみんなで守っていこうと呼びかけて、集落法人を立ち上げた人たちがいます。

 また、沢山の人たちとのふれあいを生き甲斐にして、
一生懸命、野菜を作り、直売市に出荷している高齢者もいます。

 こうした人たちや取り組みを支えて行く為には、消費者である市民の皆さんの協力がとても大切になってきます。

 例えば、スーパーの野菜売り場で地元産を購入してもらうことや直売市での消費者の皆さんとのふれあいは、農業者にとって、とても大きな励みになります。

 福山市では、農業の担い手として、従来からの農業者の加え、多様な人材や団体を位置づけることにより「産業として成り立つ農業」「生きがいや楽しみのための農業」あるいは「地域やNPOによるボランティア的農業」など地域実態や状況に即した様々な農業展開が可能になると考えています。
 また、長期的な視点からは、子ども達が農業に触れ合ったり、食について考える機会を創出することも大切な事と考えています。

 こうした取り組みは、農業者や行政だけでなく、たくさんの人たちの理解や協力を得ることで初めて成り立っています。

 福山市としては、農業振興や食の安心・安全・食育などの対策として、様々な施策を推進していきたいと考えておりますので、一人でも多くの方に力を貸していただけるよう願っています。

福山市経済環境局経済部 農政課長 藤井成志
2009.03.30 10:47 | 広島の農業事情 |
福山市で生産している農産物のなかで
「ふくやまブランド農産物推進協議会」が、
適切な栽培基準で生産され、
栽培履歴が確認できると認定した
「新鮮・品質・おいしさ・安全性」
を備えた地場農産物

“ふくやまSUN”というブランドとして
紹介しています。


“ふくやまSUN”がいつでも置いてある店
エム・バリュー多治米店

m_value.jpg

“ふくやまSUN”ブランドを取り入れ、
4年目に入る。
安定した供給をはかり、
当初から比較し1.5倍の
売上になっている。
地域の消費者に「地産地消」が
定着してきている。


冊子の紹介

ふくやまSUN
発刊:ふくやまブランド農産物協議会

sun2.jpg


“ふくやまSUN”ブランドの紹介と、
農産物の産地・特徴だけでなく
食材を使ったレシピなども
紹介しています。

sun1.jpg


2009.03.28 13:43 | 広島の農業事情 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。