FC2ブログ

共に考えよう 広島の農業

農業を知ることは、私たちの食そのものを知ることであり
農業を支援することは、私たちの命を守ること

2008年10月16日(木)、土生小学校5・6年生と先生・保護者のご参加の中、約1時間30分のワークショップを行いました。内容をご紹介します。


Q.朝ごはん食べていますか?

A.食べている

【主食】 ・おにぎり ・親子丼 ・おかゆ ・うどん ・卵かけご飯 ・サンドイッチ ・菓子パンなど
【副食】 ・味噌汁 ・卵焼き ・サラダ
【その他】 ・飲み物 ・デザート など


A.時々食べていない

【理由】 ・生活習慣の乱れがある ・欲しくない ・調子がよくない ・食事よりしたいことがある など



【いきいき農業応援し隊から一言!】

ほとんどの人が朝ごはんを食べているので安心しました。朝の食事は「脳を起こす」「体力を作る」「体内リズムを作る」などの役割を果たすので、しっかり朝ごはんを食べましょう。



Q.食の安心安全について

A.気にしていること

・産地にこだわっている ・内容物 ・衛生に留意 ・栄養バランス など


A.気にしていないこと

・原材料は不明なので気にしない ・野菜など形は気にしない ・自分の免疫力に自信があるから ・賞味期限は気にしない ・安ければ産地にこだわらない など 


【いきいき農業応援し隊から一言!】


 中国からの輸入冷凍野菜「インゲン」の残留農薬が問題になっていた時だっただけに、農薬という言葉に子ども達はとても敏感でした。
 しかし「もし食べ物がなかったら何処の物でも食べるし、安全なども気にしない。」という意見もありました。
 今だからこそ、安全面や農産物の確保の面からも、輸入野菜に頼らない「地産地消」の大切さを一緒に考えて欲しいと思います。
2009.03.30 13:12 | 子どもたちと食育 |