FC2ブログ

共に考えよう 広島の農業

農業を知ることは、私たちの食そのものを知ることであり
農業を支援することは、私たちの命を守ること

「道の駅」

 
 北広島町の道の駅で、これっていいなあと思ったお話をもう一つご紹介しますね。


 ダンボールが3つ、ボンと置いてあって、おばさんたちが群がっておりました。
中を覗いてみると、ほうれん草の葉っぱがどっさり。
おばさんたちは出来るだけきれいな葉っぱをつめるだけ掴んでいました。


つかめるだけ掴んで一掴み100円。


大きさは不ぞろいで茎が折れかかってるものもありますが、通常の束の3倍くらい掴んでて、結構大量につかめるもんだと感心しました。


いわゆる規格外商品です。
茹でてしまえば皆一緒ですから、すごいお買い得感がありました。



 もうひとつ、写真のたまねぎです。
090625tama


小さくて規格外ですが、袋いっぱい入って100円。


出来たばかりの新たまねぎなので、薄皮一枚はがして煮込んだらすぐ柔らかくなりました。
一枚の説明書が入ってて農薬8割減、化学肥料6割減。
安心安全なうれしい「農事組合法人せんごくの里」の規格外商品でした。



 良いなあと思いません?


道の駅に行ったら、規格外だけど新鮮で安くて、本当に安心して農家さんの顔が見える買い物が出来ます。


「自給率向上」を掲げながらも多くの規格外品が出て商品にならないという話をごぞんじですか?


消費者が規格外を嫌わなければ売れるハズ。
問題解決の鍵は「消費者」が握っていると思います。


まさに「曲がったきゅうりでなぜ悪い!」です。



2009.06.25 10:04 | 活動紹介・お知らせ |