共に考えよう 広島の農業

農業を知ることは、私たちの食そのものを知ることであり
農業を支援することは、私たちの命を守ること

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |
私は安佐南区の毘沙門天の近くへ住んでいます。

通勤には近道するために細い参道を通ります。

以前は左右へ棚田が広がって私のとてもお気に入りの風景がありました。

今は、洒落た住宅が立ち並び、田んぼは少なくなっています。

それでも専業農家さんもおられ、この季節は田起こしから、田植えと風景を一変させてくれます。


090711-1
↑田植直後の様子(5月30日)


090711-2
↑1か月後の様子(6月30日)



昨日のように大雨が降り、ライトを照らしながら雨上がりの参道を走ると、
以前はとても多くの数のアマガエルが左右へピョンコ、ピョンコと飛び跳ねていました。

ここ最近そういう風景に出くわさなくなり、昨夜出くわしたのはたった一匹だけ。

最近は農薬も少なくなってる筈だと思うのですが・・・?


カエルを見かけなくなった、この変化にあなたはお気づきでしたか?


理由は何?

ぜったい変だよね?



2009.07.11 09:55 | 活動紹介・お知らせ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。