共に考えよう 広島の農業

農業を知ることは、私たちの食そのものを知ることであり
農業を支援することは、私たちの命を守ること

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |
「道の駅」

 
 北広島町の道の駅で、これっていいなあと思ったお話をもう一つご紹介しますね。


 ダンボールが3つ、ボンと置いてあって、おばさんたちが群がっておりました。
中を覗いてみると、ほうれん草の葉っぱがどっさり。
おばさんたちは出来るだけきれいな葉っぱをつめるだけ掴んでいました。


つかめるだけ掴んで一掴み100円。


大きさは不ぞろいで茎が折れかかってるものもありますが、通常の束の3倍くらい掴んでて、結構大量につかめるもんだと感心しました。


いわゆる規格外商品です。
茹でてしまえば皆一緒ですから、すごいお買い得感がありました。



 もうひとつ、写真のたまねぎです。
090625tama


小さくて規格外ですが、袋いっぱい入って100円。


出来たばかりの新たまねぎなので、薄皮一枚はがして煮込んだらすぐ柔らかくなりました。
一枚の説明書が入ってて農薬8割減、化学肥料6割減。
安心安全なうれしい「農事組合法人せんごくの里」の規格外商品でした。



 良いなあと思いません?


道の駅に行ったら、規格外だけど新鮮で安くて、本当に安心して農家さんの顔が見える買い物が出来ます。


「自給率向上」を掲げながらも多くの規格外品が出て商品にならないという話をごぞんじですか?


消費者が規格外を嫌わなければ売れるハズ。
問題解決の鍵は「消費者」が握っていると思います。


まさに「曲がったきゅうりでなぜ悪い!」です。



2009.06.25 10:04 | 活動紹介・お知らせ |
いま「道の駅」が熱い。



北広島町の道の駅へ行ってきました。


うれしい季節の珍しいものがあったので早速に購入。

090625gumi



これ、なんだかご存知ですか?
写真に写して映えるように白いお皿へ移し、葉っぱをひとつ添えました。



「びっくりグミ」です。



結構、量があると思いませんか? 
お値段は「60円」也。
よく熟してから提供されているので、甘ーい。


だから「道の駅」巡りがやめられない!
2009.06.25 10:01 | 活動紹介・お知らせ |
090330-34

いきいき農業応援し隊のリーフレット第4号が完成しました!

今回は、担い手問題を中心に、紙面を構成しています。

ぜひ、ご覧下さい。

ホームページからもご覧いただけます。
⇒リーフレットナンバー4はこちら




編集後記をこちらに掲載します。

▼ファームおだへ私たちの要望として「木陰と座る場所」を提案したら、フットワークが軽くて即行動。桜の苗木の植樹です。でも、もし実行に移す前にご相談があったらきっとこう答えたと思います。「すり鉢状に広がるあの風景をキャンバスだと考えて、さわやかな風になびくミモザにしたら・・・。」

▼直売市で生産者の方々は、「この夏は日照り続きで、野菜の新芽が焼けてしまい種代がかかる」「軽トラックのガソリン代が値上がりして、諸経費や人件費を計算したら合わない」「でも、長いおつき合いには辛抱が大切。これからもお客さんに、新鮮でおいしい野菜を作り提供していきたい!」と笑顔できっぱりと話された。生産者としての「強い意気」と同時に、「辛抱」の重みが伝わってくる。

▼行動を通して「担い手」の問題は生産者・法人・団体・行政など農業に関わる、どの立場にあっても難題であることが伝わってくる。
 社会の情勢に伴い、解雇・リストラがきっかけとなり農業希望者・異業種からの産業参入者など「担い手」もこれからは多様化した形態が見えてくると思う。
 時代に即した多種多様な生産者や「農」へ参入を考える企業なども、機会を求め、消費者の立場から取材に取り組んでいきたいと思っている。

▼初めて旬彩さんとお会いしたとき名刺交換をしました。女性はと言うと「名刺は作ってない」との事。「どうして?」問う私。
 …二度目にお会いしたときの第一声が「名刺作りましたよー!」
 根底にご自分も参画しているんだという意識が即行動に表れたんだと思います。さすが、意気込みが違うと感服しました。

▼土生小学校5・6年生の「食の安心安全」についてのワークショップで、残留農薬のことを知っている子どもが多くいた。
 「お母さんが料理を作るから、自分は気にせんでいい」「お母さんの作る料理が一番安心」と。親への信頼度が伝わってくる。
 成長期の子どもたちのために、これからも国産野菜、特に地元産にこだわって欲しいと思った。

▼最後になりましたが、リーフレットの作成においてご協力頂いた個人・団体の方、構成・編集に関わってくださった方に、心よりお礼申し上げます。
 また、活動資金として、福山協働まちづくり基金を使わせて頂きましたことに感謝申し上げます。
2009.03.30 13:32 | 活動紹介・お知らせ |
090330-33

【材料】
▼乾燥おから30グラム(おから200g)
▼鶏肉100グラム・・・食べやすい大きさに切る
▼えび5~6匹・・殻をはぎ、食べやすい大きさに切る
▼干し椎茸3~4枚・・千切り(150ccの水でもどす)
▼ごぼう・・ささがきにする ▼にんじん・・イチョウ切り
▼ネギ・・・小口切り ▼ゴマ油・・・大匙1 ▼サラダ油・・少々
▼干し椎茸のもどし汁150cc ▼おでんの残り汁200cc
*おでんのコンニャク、ちくわなど残っていたら入れるとおいしいです。

【作り方】
①乾燥おからを細かく砕いておく。(指でほぐす)
②干し椎茸のもどし汁150ccで乾燥おからを戻しておく。
③なべにサラダ油を入れ熱して、干し椎茸、えび鶏肉を炒める。
④おからを入れまんべんなく炒め、おでんの残り汁200ccを入れ、中火で汁気が無くなるまで炒りつける。
⑤最後にねぎ、ゴマ油を入れ混ぜて、出来上がり!
2009.03.30 13:24 | 未分類 |
2008年7月11日(金)子どもたちと絵本の「読み聞かせ」「エプロンシアター」を楽しみ、その後保護者の方々と、子どもと保護者自身の「食」に関連してのワークッショップを行いました。内容をご紹介します。



Q.朝ごはん食べていますか?

A.ご飯中心が2分の1・後はどちらともという意見・パン食は少ない



Q.排泄していますか?

A.便秘気味の人もいる・毎朝、排便を済ませ登所するよう促しているが、習慣化していない


【いきいき農業応援し隊から一言!】

 ほとんどの保護者が朝ごはんを作り、子どもに食べさせておられました。しかし保護者自身は忙しさからコーヒー一杯だけという方も。一緒に朝ごはんを食べる事で子どもにも良い影響を及ぼします。
 また食べることと排泄はセット!決まった時間に便座に座る習慣をこの時期からつけてあげてほしいと思います。



Q.お買い物で気をつけていることは?

A.新鮮なものを買う・自家製野菜を食べる・国産にこだわる・買い過ぎない


【いきいき農業応援し隊から一言!】

 農産物の国内自給率と外国から輸入している現状などについてプレゼンした後、保護者とワークショップを行い、地産地消の大切さを伝え、また野菜の旬の話をしました。
 「旬」という言葉は知っているが、野菜の旬はよく分からないという保護者が多い中、自家製野菜を食べるという人が予想以上に多かったです。
2009.03.30 13:18 | 子どもたちと食育 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。